トップ / 歯科の基本を知ること

歯科の基本を知ること

歯科のマイナー雑学

口内炎

歯科医に相談?喉の痛み

喉の痛みだけなら耳鼻咽喉科が良いと思われますが、のどの痛みのほかに歯や歯茎の痛みが広がった場合は歯科で相談することが必要です。ここでは、おそらく抗生物質を投与してくれると思われますが、原因となっている歯茎や根管部分の炎症を治療することが先決です。放っておくと骨髄炎になってしまうことがあります。骨髄炎とは骨に細菌が侵入してしまう病気です。ひどくなると重症化してしまうので早めの治療が肝心です。虫歯の痛みから喉の痛みが来ることもあります。虫歯を放っておくとどんどん悪化してしまうので、早めに歯科医院に行くことが重要です。

口内炎が原因で起こる喉の痛み

風邪の時とは少し違う喉の痛みは、口内炎が原因かもしれません。口内炎の診療や治療は、歯科でも行っています。喉にできる口内炎には、ヘルペスやヘルパンギーナ、アレルギー、怪我や火傷などの外傷によってできるもの、また睡眠不足や胃腸の不調など原因の特定が難しいものなどがあります。口内炎が数ヶ月経っても良くならず、痛みや違和感が続く場合は腫瘍などによる可能性もあります。原因によっては、歯科やその他口腔外科のある病院で適切な治療や薬を処方してもらわなければ治らないものもあるため、長期間放置せずに病院を受診することが大切です。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科について知ること. All rights reserved.