トップ / 歯医者の正しい選び方とは

歯医者の正しい選び方とは

歯医者で健康を維持

口内炎

お口の健康を守る歯医者

歯医者は、子供から高齢者まで幅広く診察し、お口の健康を守ります。今や歯が痛くなってから行くところではなく、定期検診を受けることで虫歯や歯周病を防ぐ予防歯科も増えてきました。また、虫歯治療も必要以上に歯を削らないことで、患者の負担を軽くしています。歯医者は、カウンセリングに時間を掛け、歯と歯茎の状態を患者に詳しく説明します。患者の不安や疑問にも答え、患者が安心して治療が受けられるよう配慮しています。

歯科には行くようにしましょう

歯の病気にかかった人は歯科に行くようにしましょう。歯の病気には、様々な種類があります。虫歯や歯周病です。虫歯は削って治すのが一般的です。しかし、近年はなるべく削らない治療を心掛ける歯医者が増えています。これは大変良いことです。自分の歯を長年残すことは健康にとても良いことなのです。自分の歯で、食べ物を噛むということは脳にも良い影響を持ち、認知症予防にもなります。歯科では、自分の歯を残すことにも力を入れています。歯磨き指導などをして自分の歯を残そうという活動に力を入れているのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科について知ること. All rights reserved.