トップ / ホワイトニングについて

ホワイトニングについて

ホワイトニングで白く

口内炎

ホワイトニングについて

ホワイトニングとは、歯を削ることなく歯磨きや歯のクリーニングで落としきれなかった歯についた色素を分解して綺麗にし、白い歯にする方法のことです。以前は歯の表面を削ったり人口の歯を被せたり、歯の表面に薄い板状の膜を張り付ける方法がホワイトニングとされていましたが、現在では歯科医院で専用の薬剤を歯に塗り、レーザーの光をあてる方法がとられています。また、自宅でも当人専用の歯型ぴったりのマウスピースを使い歯を白くすることもできます。

審美歯科中心の歯医者も存在する

歯の美しさを保ち、蘇らせる審美歯科という科目があります。歯医者の治療の一部門でもありますが、見た目を重視したい人だけでなく、かみ合わせなどを含めて治療を受ける人が増えています。また、一生の思い出のために積極的に歯の治療を受ける人もいます。ブライダル関係などで審美歯科を利用することも多く、積極的にブライダル関係の企業と提携し、医療を提供する歯医者もあるのです。美しい歯並びが一生の思い出に残る事から人気です。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科について知ること. All rights reserved.